相次ぐ五輪壮行会「公開NG」にブーイング JOCの言い分は

公開日: 更新日:

 平昌まであと1カ月を切り、五輪壮行会「公開NG」の動きに波紋が広がっている。15日には法政大がアイスホッケー女子日本代表の床亜矢可(23)ら卒業生や在学生3人が出席する壮行会を開いたが、当日に公開中止を決定。理由は「JOC(日本オリンピック委員会)マーケティングガイドラインに抵触する」というJOCの横ヤリだった。

 法大だけでなく、全国各地の大学、高校、企業でもメディアに取材案内を出しながら、公開中止を余儀なくされる学校、団体が続出している。壮行会の公開が企業や団体、学校の宣伝になるからで、その手の会はJOCのスポンサーや競技団体、自治体に限り認めるというのだ。

■「公にする必要があるのか」

 JOCの広報担当者はこう説明する。

「知的財産は営利、非営利に関係なく、権利を持った団体しか使用できません。学校は判断が難しいですが、私立であれば、言葉は悪いですが『生徒さん集めに使っている』と指摘される可能性がある。かといって公立だけを許可すると『なぜ公立だけいいのか』と言われる可能性もあり、線引きが難しい。平昌に関しては学校は一律で非公開にするようお願いしています。壮行会自体の禁止はしておらず、身内でやる分にはむしろ歓迎です。ただ、公にする必要があるのかというのがJOCの判断」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    吉川晃司「探偵・由利麟太郎」はハマり役 ドロドロ感が吉

もっと見る