相次ぐ五輪壮行会「公開NG」にブーイング JOCの言い分は

公開日: 更新日:

 平昌まであと1カ月を切り、五輪壮行会「公開NG」の動きに波紋が広がっている。15日には法政大がアイスホッケー女子日本代表の床亜矢可(23)ら卒業生や在学生3人が出席する壮行会を開いたが、当日に公開中止を決定。理由は「JOC(日本オリンピック委員会)マーケティングガイドラインに抵触する」というJOCの横ヤリだった。

 法大だけでなく、全国各地の大学、高校、企業でもメディアに取材案内を出しながら、公開中止を余儀なくされる学校、団体が続出している。壮行会の公開が企業や団体、学校の宣伝になるからで、その手の会はJOCのスポンサーや競技団体、自治体に限り認めるというのだ。

■「公にする必要があるのか」

 JOCの広報担当者はこう説明する。

「知的財産は営利、非営利に関係なく、権利を持った団体しか使用できません。学校は判断が難しいですが、私立であれば、言葉は悪いですが『生徒さん集めに使っている』と指摘される可能性がある。かといって公立だけを許可すると『なぜ公立だけいいのか』と言われる可能性もあり、線引きが難しい。平昌に関しては学校は一律で非公開にするようお願いしています。壮行会自体の禁止はしておらず、身内でやる分にはむしろ歓迎です。ただ、公にする必要があるのかというのがJOCの判断」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  7. 7

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  8. 8

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  9. 9

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  10. 10

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る