• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打撃回避し守備走塁を強化 清宮を見守る栗山監督の計算

「みんなと同じ練習をしなくても全然いい。トレーナーとも話をして、そろそろ分かってきたので、今やるべきこと、つぶすべきところをつぶしていく」

 アリゾナ自主トレ2日目、30日(日本時間31日)の朝、栗山監督は清宮幸太郎(18=早実)と話し合い、当面は本格的な打撃練習を取りやめ、守備、走塁面の強化により多くの時間を割くことになった。谷ヘッドトレーナーによると、リハビリを続ける右手親指の状態が上向かないことを考慮した。

 ティー打撃が2日連続で回避となれば、キャンプ初日にフリー打撃を行う可能性は低く、おそらく別メニュースタートになる。その代わり首脳陣は、清宮が持つ高校生離れしたパワーを守備や走塁面において生かすことを模索している。

■ガニマタ矯正で「ケガのリスクを減らす」

 清宮はこの日、シートノックやランニングに取り組んだ。馬力というか、筋力があるとはいっても、バリバリの野球学校で守備・走塁技術を徹底的にたたき込まれたわけではない。よく言えば未開発な部分が多いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る