打撃回避し守備走塁を強化 清宮を見守る栗山監督の計算

公開日:

「みんなと同じ練習をしなくても全然いい。トレーナーとも話をして、そろそろ分かってきたので、今やるべきこと、つぶすべきところをつぶしていく」

 アリゾナ自主トレ2日目、30日(日本時間31日)の朝、栗山監督は清宮幸太郎(18=早実)と話し合い、当面は本格的な打撃練習を取りやめ、守備、走塁面の強化により多くの時間を割くことになった。谷ヘッドトレーナーによると、リハビリを続ける右手親指の状態が上向かないことを考慮した。

 ティー打撃が2日連続で回避となれば、キャンプ初日にフリー打撃を行う可能性は低く、おそらく別メニュースタートになる。その代わり首脳陣は、清宮が持つ高校生離れしたパワーを守備や走塁面において生かすことを模索している。

■ガニマタ矯正で「ケガのリスクを減らす」

 清宮はこの日、シートノックやランニングに取り組んだ。馬力というか、筋力があるとはいっても、バリバリの野球学校で守備・走塁技術を徹底的にたたき込まれたわけではない。よく言えば未開発な部分が多いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る