打撃回避し守備走塁を強化 清宮を見守る栗山監督の計算

公開日: 更新日:

「みんなと同じ練習をしなくても全然いい。トレーナーとも話をして、そろそろ分かってきたので、今やるべきこと、つぶすべきところをつぶしていく」

 アリゾナ自主トレ2日目、30日(日本時間31日)の朝、栗山監督は清宮幸太郎(18=早実)と話し合い、当面は本格的な打撃練習を取りやめ、守備、走塁面の強化により多くの時間を割くことになった。谷ヘッドトレーナーによると、リハビリを続ける右手親指の状態が上向かないことを考慮した。

 ティー打撃が2日連続で回避となれば、キャンプ初日にフリー打撃を行う可能性は低く、おそらく別メニュースタートになる。その代わり首脳陣は、清宮が持つ高校生離れしたパワーを守備や走塁面において生かすことを模索している。

■ガニマタ矯正で「ケガのリスクを減らす」

 清宮はこの日、シートノックやランニングに取り組んだ。馬力というか、筋力があるとはいっても、バリバリの野球学校で守備・走塁技術を徹底的にたたき込まれたわけではない。よく言えば未開発な部分が多いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る