打撃回避し守備走塁を強化 清宮を見守る栗山監督の計算

公開日:

「みんなと同じ練習をしなくても全然いい。トレーナーとも話をして、そろそろ分かってきたので、今やるべきこと、つぶすべきところをつぶしていく」

 アリゾナ自主トレ2日目、30日(日本時間31日)の朝、栗山監督は清宮幸太郎(18=早実)と話し合い、当面は本格的な打撃練習を取りやめ、守備、走塁面の強化により多くの時間を割くことになった。谷ヘッドトレーナーによると、リハビリを続ける右手親指の状態が上向かないことを考慮した。

 ティー打撃が2日連続で回避となれば、キャンプ初日にフリー打撃を行う可能性は低く、おそらく別メニュースタートになる。その代わり首脳陣は、清宮が持つ高校生離れしたパワーを守備や走塁面において生かすことを模索している。

■ガニマタ矯正で「ケガのリスクを減らす」

 清宮はこの日、シートノックやランニングに取り組んだ。馬力というか、筋力があるとはいっても、バリバリの野球学校で守備・走塁技術を徹底的にたたき込まれたわけではない。よく言えば未開発な部分が多いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る