サッカーは人生の縮図…小柳ルミ子×川勝良一の“熱狂対談”

公開日:  更新日:

「芸能界随一」では、明らかに言葉足らずである。「1日に5試合。仕事のない日は10試合ほど。睡眠を削ってトータル2190試合を見た年もありました」。歌手として、女優として、ダンサーとして頂点を極めた小柳ルミ子さんは今、熱狂的なサッカーファナティックとしての顔も持っている。間違いなく「日本で一番サッカーの試合を多く見ている」彼女のヒートぶりは「語録」からもヒシヒシと伝わってくる。

「サッカーは人生の、社会の、人間関係の縮図」「現代サッカーはスピード重視。どの仕事でも遅いのはダメ」「サッカーはクソ真面目ではダメ。したたかにズル賢くないと。それも人生」――。そんな小柳さんが「師匠」と仰いでいる東京V、神戸、京都などで監督を歴任した元日本代表MF川勝良一さん(解説者)と熱いトークバトルを繰り広げた。

(聞き手・六川亨氏=サッカーダイジェスト元編集長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る