裏切り者を待つのは破門 相撲協会“複雑怪奇”理事選の裏側

公開日:  更新日:

「いまさら、そんなこと言われたって……いくらなんでも無理ですよ」

「そこをなんとかさぁ……」

「いい加減、勘弁してください」

 相撲協会理事候補選の舞台となる相撲教習所付近では毎回、親方衆のこんな会話が聞こえるという。中には締め切り1分前まで、携帯電話に向かってヒソヒソやるのもいるそうだ。

 今回の理事選は2日に行われる。10人の定員をめぐって11人が立候補した。誰かひとりが落選の憂き目に遭うだけに、当落線上の親方やその周囲は、票集めに血眼になる。

「特にしゃかりきなのは貴乃花親方(45)の周辺ですよ。過去には女性絡みのスキャンダルや不祥事をネタに脅された親方もいたと聞きました」とは親方Aだ。

■選挙後に始まる壮絶「犯人捜し」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る