• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

裏切り者を待つのは破門 相撲協会“複雑怪奇”理事選の裏側

「いまさら、そんなこと言われたって……いくらなんでも無理ですよ」

「そこをなんとかさぁ……」

「いい加減、勘弁してください」

 相撲協会理事候補選の舞台となる相撲教習所付近では毎回、親方衆のこんな会話が聞こえるという。中には締め切り1分前まで、携帯電話に向かってヒソヒソやるのもいるそうだ。

 今回の理事選は2日に行われる。10人の定員をめぐって11人が立候補した。誰かひとりが落選の憂き目に遭うだけに、当落線上の親方やその周囲は、票集めに血眼になる。

「特にしゃかりきなのは貴乃花親方(45)の周辺ですよ。過去には女性絡みのスキャンダルや不祥事をネタに脅された親方もいたと聞きました」とは親方Aだ。

■選挙後に始まる壮絶「犯人捜し」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る