負け戦承知で理事選出馬 貴乃花親方“滅びの美学”のウラ

公開日:

 たとえ孤立無援でも自分の意志を貫く親方――そんなイメージを世間に植え付けたいのではないか。

 1日、日本相撲協会の理事候補選挙に立候補を届け出た貴乃花親方(45)。同日、部屋のホームページを更新し、「熟慮した上での決断です」と立候補に至った理由と決意を明かしたが、30日に行われた貴乃花一門会。その席上では「一門の票はすべて、阿武松親方(元関脇益荒雄)に譲る」と言ったという。

 一門内の親方を立て、自身は負け戦を承知で選挙に臨む……まるで「滅びの美学」に殉じる潔さのような印象すら受けた向きもいるだろう。

 だがしかし、実情はまるで異なる。「譲り渡す」までもなく、一門内の票はほとんど阿武松親方に流れているという。

 ある親方が言う。

「大嶽親方(元十両大竜)、立浪親方(元小結旭豊)の2人は貴乃花親方を見限り、阿武松親方を支持しているともっぱらです。中でも立浪親方は2010年に貴乃花親方が初めて理事選に出馬した、いわゆる『貴の乱』からの同志。今回はさすがに勝ち目がないと思ったのか、貴乃花親方に『選挙には出ない方がいいのではないか』と忠告したが、まるで聞き入れられなかったといいます。同一門の千賀ノ浦部屋には親方が2人いるが、そのうち1票は他の一門に流れる見通しです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る