負け戦承知で理事選出馬 貴乃花親方“滅びの美学”のウラ

公開日: 更新日:

 たとえ孤立無援でも自分の意志を貫く親方――そんなイメージを世間に植え付けたいのではないか。

 1日、日本相撲協会の理事候補選挙に立候補を届け出た貴乃花親方(45)。同日、部屋のホームページを更新し、「熟慮した上での決断です」と立候補に至った理由と決意を明かしたが、30日に行われた貴乃花一門会。その席上では「一門の票はすべて、阿武松親方(元関脇益荒雄)に譲る」と言ったという。

 一門内の親方を立て、自身は負け戦を承知で選挙に臨む……まるで「滅びの美学」に殉じる潔さのような印象すら受けた向きもいるだろう。

 だがしかし、実情はまるで異なる。「譲り渡す」までもなく、一門内の票はほとんど阿武松親方に流れているという。

 ある親方が言う。

「大嶽親方(元十両大竜)、立浪親方(元小結旭豊)の2人は貴乃花親方を見限り、阿武松親方を支持しているともっぱらです。中でも立浪親方は2010年に貴乃花親方が初めて理事選に出馬した、いわゆる『貴の乱』からの同志。今回はさすがに勝ち目がないと思ったのか、貴乃花親方に『選挙には出ない方がいいのではないか』と忠告したが、まるで聞き入れられなかったといいます。同一門の千賀ノ浦部屋には親方が2人いるが、そのうち1票は他の一門に流れる見通しです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    今季限り退任濃厚の楽天・平石監督と石井GMの本当の関係は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る