一門の制止振り切り 貴乃花親方「理事選立候補」の全真相

公開日:

 意地でも投票に持ち込むつもりなのか。

 30日に都内で行われた貴乃花一門会。集まったのは、貴乃花親方(45)を筆頭とする一門の親方6人に加え、時津風一門を離脱した錣山親方(元関脇寺尾)以下3人の9人。一門の親方は本来、8人だが、大嶽親方(元十両大竜)はすでに袂を分かち、立浪親方(元小結旭豊)は先日、週刊誌に不倫をスッパ抜かれたばかりとあってか、姿を現すことはなかった。

 この日の一門会の議題が、2月2日の理事選対策であったことは言うをまたない。2時間超に及んだ一門会の終了後、貴乃花親方は「結論? いやいや、まだまだ」と言い、錣山親方も「意見を確認したようなもの。結論は全く出ていない」と話したが、すでに一門としての結論は出ている。

 貴乃花親方、そして阿武松親方(56=元関脇益荒雄)の2人が出馬するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る