• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3連覇狙う大会は結局棄権…松山英樹“左手首痛”の深刻度

【フェニックスOP】

 大会3連覇を目指した松山英樹(25)は、2アンダー(29位)で回った初日のラウンド中に左手首を痛め、第2Rスタート前に棄権した。プロ転向した1年目の2013年にも左手親指付け根(関節)の炎症で日本シリーズなどを欠場したことがある。左手首には常にテーピングをしているように、この周辺は弱い部分といえる。

 左の手首や親指の痛みは、当然スイングにも影響する。松山のスイングは、テークバックがゆっくりで、一瞬トップで止まるように見える。切り返しの“間”に特徴がある。左手の親指でクラブの重さを感じ、そこから切り返しのタイミングを計っているのだが、米ツアーでは「ストップ時間が長い」といわれている。見た目にはわからなくても、痛みのため切り返しのリズムが乱れたらボールはコントロールできない。

 テニスの錦織は昨年、右手首の故障で8月からツアーを離れた。痛みをごまかしながらプレーを続けていたが、最後は患部が悲鳴をあげた。

 左手首痛はプロゴルファーの職業病だ。故障がクセになったらメジャー制覇の夢は泡と消える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る