3連覇狙う大会は結局棄権…松山英樹“左手首痛”の深刻度

公開日:

【フェニックスOP】

 大会3連覇を目指した松山英樹(25)は、2アンダー(29位)で回った初日のラウンド中に左手首を痛め、第2Rスタート前に棄権した。プロ転向した1年目の2013年にも左手親指付け根(関節)の炎症で日本シリーズなどを欠場したことがある。左手首には常にテーピングをしているように、この周辺は弱い部分といえる。

 左の手首や親指の痛みは、当然スイングにも影響する。松山のスイングは、テークバックがゆっくりで、一瞬トップで止まるように見える。切り返しの“間”に特徴がある。左手の親指でクラブの重さを感じ、そこから切り返しのタイミングを計っているのだが、米ツアーでは「ストップ時間が長い」といわれている。見た目にはわからなくても、痛みのため切り返しのリズムが乱れたらボールはコントロールできない。

 テニスの錦織は昨年、右手首の故障で8月からツアーを離れた。痛みをごまかしながらプレーを続けていたが、最後は患部が悲鳴をあげた。

 左手首痛はプロゴルファーの職業病だ。故障がクセになったらメジャー制覇の夢は泡と消える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る