3連覇狙う大会は結局棄権…松山英樹“左手首痛”の深刻度

公開日: 更新日:

【フェニックスOP】

 大会3連覇を目指した松山英樹(25)は、2アンダー(29位)で回った初日のラウンド中に左手首を痛め、第2Rスタート前に棄権した。プロ転向した1年目の2013年にも左手親指付け根(関節)の炎症で日本シリーズなどを欠場したことがある。左手首には常にテーピングをしているように、この周辺は弱い部分といえる。

 左の手首や親指の痛みは、当然スイングにも影響する。松山のスイングは、テークバックがゆっくりで、一瞬トップで止まるように見える。切り返しの“間”に特徴がある。左手の親指でクラブの重さを感じ、そこから切り返しのタイミングを計っているのだが、米ツアーでは「ストップ時間が長い」といわれている。見た目にはわからなくても、痛みのため切り返しのリズムが乱れたらボールはコントロールできない。

 テニスの錦織は昨年、右手首の故障で8月からツアーを離れた。痛みをごまかしながらプレーを続けていたが、最後は患部が悲鳴をあげた。

 左手首痛はプロゴルファーの職業病だ。故障がクセになったらメジャー制覇の夢は泡と消える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る