• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム清宮はガニ股なおせる? “矯正の先輩”大田に聞く

「体の正しい位置を意識し、それに沿った動きをしようとはするけど、スイングの速さだったり、打球の飛ばし方というのは、なかなか練習でカバーできるものではありません」

 ――天性のものもある。

「そうですね。守備は、ノックを受けたり感覚を掴んでいけば、ある程度はカバーできる。でも、飛ばす力、ミートの能力、逆方向に打つ技術というのは、その人が本来持っている部分が大きなウエートを占めるわけですから」

 ――清宮も矯正には時間がかかりますか。

「かかると思いますね。ただ、良い結果を残していれば、直す必要もないし、意識する必要もないでしょうから。それで打撃に悪影響を及ぼすならやらない方がいいとも思います。打撃については清宮は高校であれだけ本塁打を打ってきたということは、今のところは無理に打撃をいじる必要はないでしょうから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る