日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム清宮はガニ股なおせる? “矯正の先輩”大田に聞く

「体の正しい位置を意識し、それに沿った動きをしようとはするけど、スイングの速さだったり、打球の飛ばし方というのは、なかなか練習でカバーできるものではありません」

 ――天性のものもある。

「そうですね。守備は、ノックを受けたり感覚を掴んでいけば、ある程度はカバーできる。でも、飛ばす力、ミートの能力、逆方向に打つ技術というのは、その人が本来持っている部分が大きなウエートを占めるわけですから」

 ――清宮も矯正には時間がかかりますか。

「かかると思いますね。ただ、良い結果を残していれば、直す必要もないし、意識する必要もないでしょうから。それで打撃に悪影響を及ぼすならやらない方がいいとも思います。打撃については清宮は高校であれだけ本塁打を打ってきたということは、今のところは無理に打撃をいじる必要はないでしょうから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事