66年ぶり五輪連覇へ 羽生結弦が封印した「挑戦」の2文字

公開日:

「もう何も不安要素はない」

 13日、フィギュア男子の羽生結弦(23)は記者会見でこう言った。

 この日、試合会場となるリンクで初の公式練習に臨むと、サルコー2本とトーループ3本の計5本の4回転ジャンプに成功。右足でしっかりと着氷し、昨年11月のNHK杯公式練習で負傷した右足首靱帯の不安を感じさせなかった。

 ケガの回復が遅れ、ぶっつけ本番で五輪を迎えた。実戦は昨年10月のロステレコム杯以来、約4カ月ぶり。練習後の会見では「NHK杯の時に痛み止めを打ってでも出ようと思っていたけど、足首が動かなくなってしまった」と当時の状況を説明した。

 オーサーコーチはケガの原因になった4回転ルッツの回避を明言。「ショートプログラム(SP)の4回転ジャンプは2回。フリー(FS)は4~5回。3パターンの中から選ぶつもり」とも話している。SPの2回とは同日、入念に練習したサルコーとトーループ。拠点にするカナダ・トロントでの氷上練習では、2週間ほど前から4回転を跳び始めたという。

 プログラムの構成については「作戦がすごく大事なので、あまり言うことはない」と口を閉ざし、「クリーンに滑れば絶対に勝てる自信がある」と語ったソチ王者。挑戦より確実性で66年ぶりの連覇を狙う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る