フィギュア団体でライバル自滅…羽生に個人“金”の追い風

公開日: 更新日:

 波乱の幕開けとなった。

 9日、平昌五輪フィギュアスケート団体の男子ショートプログラム(SP)に臨んだ宇野昌磨(20)。4回転ルッツで手をつくも、大きなミスがなく103.25点をたたき出した。

 今大会が五輪デビューの宇野は最終滑走。動揺させられたのは、ライバルの相次ぐミスだった。宇野の前に滑ったロシア王者のミハイル・コリヤダ(22)は3つのジャンプを全て失敗。4回転ルッツと4回転トーループで転倒すると、トリプルアクセルは1回転に。今季のGPファイナル覇者、ネイサン・チェン(18=米国)は4回転トーループが2回転になり、トリプルアクセルでは尻もちをついた。

 シニア男子SPの場合、単独ジャンプは3回転以上でなければ0点となるルール。そこに転倒による減点が加わり、チェンは80・61点と点数が伸びなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る