• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フィギュア団体でライバル自滅…羽生に個人“金”の追い風

 波乱の幕開けとなった。

 9日、平昌五輪フィギュアスケート団体の男子ショートプログラム(SP)に臨んだ宇野昌磨(20)。4回転ルッツで手をつくも、大きなミスがなく103.25点をたたき出した。

 今大会が五輪デビューの宇野は最終滑走。動揺させられたのは、ライバルの相次ぐミスだった。宇野の前に滑ったロシア王者のミハイル・コリヤダ(22)は3つのジャンプを全て失敗。4回転ルッツと4回転トーループで転倒すると、トリプルアクセルは1回転に。今季のGPファイナル覇者、ネイサン・チェン(18=米国)は4回転トーループが2回転になり、トリプルアクセルでは尻もちをついた。

 シニア男子SPの場合、単独ジャンプは3回転以上でなければ0点となるルール。そこに転倒による減点が加わり、チェンは80・61点と点数が伸びなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る