女子フィギュア宮原のメダルに“反露”韓国ファンが後押し

公開日:

 初出場で表彰台を狙う宮原知子(19)が8日、会場の江陵アリーナで公式練習に臨み、「氷はすごく滑りやすい。スケーティングもジャンプもいい感じになりそう」と手応えを口にした。

 オリンピックマークを見てテンションが高まったそうで、「会場全体から五輪の雰囲気を感じてワクワクする」と話す宮原を本番では「会場の雰囲気」が後押ししそうだ。

 韓国のファンの間では、ロシア勢への不信感が根強く、メダル候補の宮原を推す地元ファンが少なくないからだ。

 韓国のファンによる対ロ感情が悪化したのは14年ソチ五輪。フリーでキム・ヨナ(韓国)が完璧な演技を披露しながらも、採点が伸びず銀メダル。地元ロシアのソトニコワはコンビネーションジャンプの着氷に失敗したにもかかわらず、キムに5・48点差を付けて金メダルを獲得した。審判団には、98年長野五輪でスコア改ざんによる処分を受けたウクライナ人や、ロシアフィギュアスケート協会会長夫人らが加わっていたこともあり、当時、韓国のファンの間からは批判が続出した。ジャッジの不正の真偽はともかく、韓国のファンの間では依然として「反ロ感情」が渦巻いているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る