• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一門連合稽古を欠席 横綱・稀勢の里に「休め」の大合唱

 プロなら体調管理や調整も仕事のうち。しかし、横綱に昇進して1年も経つのに、稀勢の里(31)にはまだそれが判断できないらしい。

 5日の二所ノ関一門の連合稽古を欠席。師匠の田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)によれば、6日の連合稽古も、当日の状態次第だという。当然、3月場所(11日初日)の出場についても、結論を出せないままだ。

 そんな稀勢の里に対し、角界では「全休しろ!」という大合唱が響いている。協会ナンバー2の尾車事業部長(元大関琴風)は、「出るのも勇気だが、休むのも勇気」とキッパリ。若手親方の間からも「出場しても休場しても、進退を問われる。ならば5月場所に向けて調整した方がいい」という声が上がっているのだ。

 古株の親方が言う。

「相撲協会にすれば、稀勢の里は待ちに待った、日本人横綱。若乃花以来、19年ぶりの日本出身横綱ですからね。それが、出ては途中休場の繰り返しで、横綱としての資質すら問われている。このままでは引退にまっしぐら。休んで万全を期してほしいというのは、角界の総意ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る