25打席ぶりヒットがサヨナラ打 ロッテ安田は“持ってる男”

公開日:  更新日:

 井口監督が絶賛するわけだ。6日のオープン戦(巨人)、最後の最後で魅せたのがロッテの高卒ルーキー、安田尚憲(18=履正社)だ。

 同点の九回裏2死満塁というシビれる場面。安田の打球は当たりこそイマイチだったものの、ゴロで左前打となり、劇的なサヨナラ勝利。

 ナインに祝福されると、「テレビで見た光景」と照れ笑いし、「必死で食らいつこうという気持ちだった。先輩がつないでくれた」と話した。

 高校通算65本塁打の大砲候補としてドラフトでは3球団が競合し、当初、その打撃は「日本ハムの清宮と比べても遜色ない」と言われていた。しかし、実戦ではなかなか結果を出せず。キャンプ中に行われた台湾との練習試合で安打を放って以降は、バットが沈黙していた。

 この日の安打は実に25打席ぶり。それがまさかのサヨナラ打とあれば、井口監督が「やはり、持っている」と話すのもナットク。安田本人はもちろんのこと、目玉選手不在に悩む球団にしてもうれしい一打だったに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る