25打席ぶりヒットがサヨナラ打 ロッテ安田は“持ってる男”

公開日: 更新日:

 井口監督が絶賛するわけだ。6日のオープン戦(巨人)、最後の最後で魅せたのがロッテの高卒ルーキー、安田尚憲(18=履正社)だ。

 同点の九回裏2死満塁というシビれる場面。安田の打球は当たりこそイマイチだったものの、ゴロで左前打となり、劇的なサヨナラ勝利。

 ナインに祝福されると、「テレビで見た光景」と照れ笑いし、「必死で食らいつこうという気持ちだった。先輩がつないでくれた」と話した。

 高校通算65本塁打の大砲候補としてドラフトでは3球団が競合し、当初、その打撃は「日本ハムの清宮と比べても遜色ない」と言われていた。しかし、実戦ではなかなか結果を出せず。キャンプ中に行われた台湾との練習試合で安打を放って以降は、バットが沈黙していた。

 この日の安打は実に25打席ぶり。それがまさかのサヨナラ打とあれば、井口監督が「やはり、持っている」と話すのもナットク。安田本人はもちろんのこと、目玉選手不在に悩む球団にしてもうれしい一打だったに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る