• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

25打席ぶりヒットがサヨナラ打 ロッテ安田は“持ってる男”

 井口監督が絶賛するわけだ。6日のオープン戦(巨人)、最後の最後で魅せたのがロッテの高卒ルーキー、安田尚憲(18=履正社)だ。

 同点の九回裏2死満塁というシビれる場面。安田の打球は当たりこそイマイチだったものの、ゴロで左前打となり、劇的なサヨナラ勝利。

 ナインに祝福されると、「テレビで見た光景」と照れ笑いし、「必死で食らいつこうという気持ちだった。先輩がつないでくれた」と話した。

 高校通算65本塁打の大砲候補としてドラフトでは3球団が競合し、当初、その打撃は「日本ハムの清宮と比べても遜色ない」と言われていた。しかし、実戦ではなかなか結果を出せず。キャンプ中に行われた台湾との練習試合で安打を放って以降は、バットが沈黙していた。

 この日の安打は実に25打席ぶり。それがまさかのサヨナラ打とあれば、井口監督が「やはり、持っている」と話すのもナットク。安田本人はもちろんのこと、目玉選手不在に悩む球団にしてもうれしい一打だったに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  7. 7

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    加計理事長の会見を認めない 雲隠れしていて結局それかい

  10. 10

    コロンビア戦勝利“陰の功労者” 早川直樹コーチの仕事ぶり

もっと見る