1億円ケチった? 名古屋ウィメンズ“遅いペース設定”の裏

公開日:  更新日:

 かなわぬ夢だ。

 2月の東京マラソンで設楽悠太(26)が、2時間6分16秒の日本記録を16年ぶりに5秒更新。1億円のボーナスを手にして話題になった。

 この日の名古屋ウィメンズも、野口みずきが2005年のベルリンでマークした2時間19分12秒を破れば同額の報奨金が出るはずだった。が、日本人トップは3位でゴールした初マラソンの関根花観(22)で、記録は2時間23分7秒。優勝のメスケレム・アセファ(32=エチオピア)でも2時間21分45秒。日本記録には遠く及ばなかった。

 東京マラソンは昨年からのコース変更により格段に高速化され、今年も30キロまでのペースメーカー(PM)は3段階に設定された。「第1」は2時間2分57秒の世界記録の更新を狙える1キロ=2分54~55秒の超ハイペース。「第2」は日本記録をターゲットにした1キロ=2分58秒だった。設楽は「第2」PMと並走。30キロまでは5キロを14分53秒のぺースで走ったことが記録につながった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る