• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1億円ケチった? 名古屋ウィメンズ“遅いペース設定”の裏

 かなわぬ夢だ。

 2月の東京マラソンで設楽悠太(26)が、2時間6分16秒の日本記録を16年ぶりに5秒更新。1億円のボーナスを手にして話題になった。

 この日の名古屋ウィメンズも、野口みずきが2005年のベルリンでマークした2時間19分12秒を破れば同額の報奨金が出るはずだった。が、日本人トップは3位でゴールした初マラソンの関根花観(22)で、記録は2時間23分7秒。優勝のメスケレム・アセファ(32=エチオピア)でも2時間21分45秒。日本記録には遠く及ばなかった。

 東京マラソンは昨年からのコース変更により格段に高速化され、今年も30キロまでのペースメーカー(PM)は3段階に設定された。「第1」は2時間2分57秒の世界記録の更新を狙える1キロ=2分54~55秒の超ハイペース。「第2」は日本記録をターゲットにした1キロ=2分58秒だった。設楽は「第2」PMと並走。30キロまでは5キロを14分53秒のぺースで走ったことが記録につながった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る