初マラソンでVも “浪速の腹筋娘”松田瑞生これからの課題

公開日:

 明るいだけでは五輪の舞台には立てない。

 28日の大阪国際女子マラソンは、昨年の世界陸上女子1万メートル代表の松田瑞生(22)が2時間22分44秒で優勝。初マラソンをぶっちぎりで制し、20年東京五輪代表選考会となる19年のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を獲得した。

 レースは25キロすぎに、大阪薫英女学院時代の1年後輩になる前田穂南(21)が飛び出す。31キロ手前で松田が追いつき、そのまま抜き去ると、後は独走となった。

 レース後、松田は「トップに並んで、上り坂がキーポイントになると考えていた。そこでしっかり勝負をかけることができた。夢は東京五輪出場なので、そこへ向けてしっかり練習を積みたい。ありがとうございました。イェーイ!」と言ってVサインを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る