• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

13人中6人が…男子マラソン“MGC切符”なら「東京」が近道

 4日のびわ湖毎日マラソンは、初マラソンの中村匠吾(25)が2時間10分51秒で日本勢最高の7位でゴール。20年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権をギリギリ手にした。

 今季の男子MGCシリーズ(北海道、福岡国際、別府大分、東京、びわ湖毎日)は、今大会で終了。全5レースで13人が19年9月以降に開催予定のMGC切符を獲得したのだが、そのうち6人は東京マラソンを走った選手。16年ぶりに日本新記録を出した設楽悠太(26=2時間6分11秒)はもちろん、6人全員が記録の上位7人までに入っている。2時間7分19秒で福岡国際3位(日本人1位)の大迫傑(26)でさえ、東京組の井上大仁(25=2時間6分54秒)に劣っている。

 東京マラソンは16年までは、レース終盤に急坂やアップダウン、風のある臨海部を走っていた。昨年から東京駅前がゴールという高速コースに「衣替え」すると、招待選手の元世界記録保持者キプサング(35)が2時間3分58秒の日本国内最高記録で優勝(今回は途中棄権)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

もっと見る