• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

13人中6人が…男子マラソン“MGC切符”なら「東京」が近道

 4日のびわ湖毎日マラソンは、初マラソンの中村匠吾(25)が2時間10分51秒で日本勢最高の7位でゴール。20年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権をギリギリ手にした。

 今季の男子MGCシリーズ(北海道、福岡国際、別府大分、東京、びわ湖毎日)は、今大会で終了。全5レースで13人が19年9月以降に開催予定のMGC切符を獲得したのだが、そのうち6人は東京マラソンを走った選手。16年ぶりに日本新記録を出した設楽悠太(26=2時間6分11秒)はもちろん、6人全員が記録の上位7人までに入っている。2時間7分19秒で福岡国際3位(日本人1位)の大迫傑(26)でさえ、東京組の井上大仁(25=2時間6分54秒)に劣っている。

 東京マラソンは16年までは、レース終盤に急坂やアップダウン、風のある臨海部を走っていた。昨年から東京駅前がゴールという高速コースに「衣替え」すると、招待選手の元世界記録保持者キプサング(35)が2時間3分58秒の日本国内最高記録で優勝(今回は途中棄権)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る