13人中6人が…男子マラソン“MGC切符”なら「東京」が近道

公開日:

 4日のびわ湖毎日マラソンは、初マラソンの中村匠吾(25)が2時間10分51秒で日本勢最高の7位でゴール。20年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権をギリギリ手にした。

 今季の男子MGCシリーズ(北海道、福岡国際、別府大分、東京、びわ湖毎日)は、今大会で終了。全5レースで13人が19年9月以降に開催予定のMGC切符を獲得したのだが、そのうち6人は東京マラソンを走った選手。16年ぶりに日本新記録を出した設楽悠太(26=2時間6分11秒)はもちろん、6人全員が記録の上位7人までに入っている。2時間7分19秒で福岡国際3位(日本人1位)の大迫傑(26)でさえ、東京組の井上大仁(25=2時間6分54秒)に劣っている。

 東京マラソンは16年までは、レース終盤に急坂やアップダウン、風のある臨海部を走っていた。昨年から東京駅前がゴールという高速コースに「衣替え」すると、招待選手の元世界記録保持者キプサング(35)が2時間3分58秒の日本国内最高記録で優勝(今回は途中棄権)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  9. 9

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  10. 10

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

もっと見る