東京五輪へ課題山積 諸悪の根源はJOCの“言いなり体質”

公開日:

 過去最多13個のメダルラッシュに沸いた平昌五輪だが、開幕前の火種はまだ燻ったまま。選手の所属企業や学校、出身校による壮行会が相次いで非公開になった問題だ。

 国際オリンピック委員会(IOC)は「ロゴマークや代表選手の肖像権など知的財産を宣伝目的に使えるのは、協賛金を拠出する公式スポンサーのみ」という規則を定めている(五輪憲章「ルール40」)。これに沿って、日本オリンピック委員会(JOC)が壮行会やパブリックビューイングのメディア公開は宣伝行為にあたるとして禁止。これに各所から困惑とブーイングが広がっていたが、五輪閉幕後の27日には日本私立大学協会(私大協)が改善要望書を政府に提出する事態に発展した。

 元JOC職員で長野五輪の招致活動に携わったスポーツコンサルタントの春日良一氏はこう言う。

「長野五輪の頃はJOCが『IOCとは対等にやっていく』という気概とプライドを持って取り組んでいました。言うべきことは主張したし、コンタクトが取れていたからこそIOCとの一体感もあった。でも、今はIOCの懐に入り込んでいけず、言われるがままという感じ。もちろんアンブッシュマーケティング(便乗商法)は防がなければいけないが、すべてNGもよくない。『オールorナッシング』とはいかないバランスの難しい問題。ケース・バイ・ケースの細やかなマーケティングが必要なのに、それが面倒だからすべて禁止にしているのでしょう。いかにもお役所仕事です。改善要望書の提出も本来なら私大協はJOCに出すべきなのに、政府に出したというのは、それだけJOCが信用されていないとも言えます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る