五輪後にルール改定も カーリング日本女子を待つ新たな壁

公開日:

 今大会のサプライズのひとつといえば、史上初めて表彰台に立った女子カーリング日本代表のロコ・ソラーレ(LS)北見の大躍進だろう。

 16年世界選手権(カナダ)で準優勝したとはいえ、五輪開幕前の世界ランキングは6位。1次リーグでは韓国に唯一、土をつけ、同3位のロシア(OAR)も撃破。3位決定戦では同4位でソチ大会銅メダルの英国を下した。スコットランド発祥の競技で、銀メダルを獲得した韓国とともにアジア2カ国が表彰台に上がり、歴史を塗り替えた。

 各競技とも、五輪閉幕後にルールの見直しを図るのは恒例行事だ。カーリングが盛んではない日本、韓国の躍進で、世界カーリング連盟(WCF)は欧米に有利になるよう何らかの対策を打ち出す可能性がある。

 WCFは過去にも一部の欧米チームが有利になるようなルール改定を行った。16年には世界選手権の開幕直前に、スティックの規定を変更。スティックの先に硬いパッドや毛の付いたものは禁止された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る