• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

調子散々でも…金本監督が藤浪のローテ入りを決めたワケ

 阪神藤浪晋太郎(23)はオープン戦2試合(7回3分の1)で9失点(自責3)、6四死球と散々。開幕ローテ入りが危ぶまれていたが、23日の二軍中日戦(鳴尾浜)に先発し、6回2安打1失点4奪三振と好投。開幕2カード目のDeNA戦に登板することになりそうだ。

 実は金本監督は中日戦の結果が悪くても、この右腕のローテ入りを決めていたという。

 藤浪は昨年4月、ヤクルト畠山の頭部死球をきっかけに、制球難に拍車がかかり、四死球を連発するダメ投手に成り下がった。それでも金本監督は、150キロ超の荒れ球を武器に15勝以上できる能力(2015年14勝と奪三振王)を秘めていると見ている。この「爆発力」に賭けるつもりのようだ。

 確かに、昨年8年目にして初の2ケタ(12勝)勝利をあげた秋山に、今季も同じだけの成績を期待するのは危険。岩貞、能見も2ケタ勝ちは厳しく、オープン戦(二軍戦含む)26イニング無失点の小野の成長は認めるものの、いきなり7つも8つも勝てないだろう。

 昨年は3勝止まりの藤浪。大きな「借り」を返せるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事