• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

総会で年寄り100人画策 貴乃花親方「辞めろ!」の連判状

 26日に行われた相撲協会の理事会で、八角理事長(54=元横綱北勝海)の続投が決まった。対立候補もなく、満場一致での決定。記者会見では暴力問題が相次いだことを受けて、「問題を一つ一つ解決していくのが私の役目だと思っている。ファンを裏切ることがないように、暴力、その他の不祥事が起こらないように取り組んでいく。(再発防止の)研修会など、できることは粘り強くやっていく」と決意を述べた。

 理事会に先立って行われた評議員会では、評議員と監事が一部刷新された。現職の神山敏夫監事は、「裏金顧問」こと小林慶彦元顧問と共に貴乃花親方(45)の同志のひとり。協会相手に地位確認の裁判を起こしている元顧問側の証人になるはずだった。それが今回で任期満了となり、貴乃花一派の役員は一掃されたことになる。

■生活基盤を脅かす

 これまで協会に刃を向け続けていた貴乃花親方の言動が百八十度変わったのは、弟子の貴公俊の付け人暴行事件がきっかけだった。「これからは一兵卒としてやっていく」「すべてをゼロにしてスタートする」などと発言。3月場所の会場の役員室にもきちんとつめるようになり、23日には日馬富士暴行事件における協会の対応などを問題視した内閣府への告発状を取り下げることも示唆した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

もっと見る