鶴竜優勝、貴親方は自爆…モンゴル勢が謳歌する我が世の春

公開日:

「見るべきものがひとつもない。騒がれるのは土俵の外ばかりで、内容が何もない場所でした」

 相撲評論家の中澤潔氏が嘆く。

 初日から貴乃花親方(45)の無断欠勤という、“場外乱闘”で幕を開けた大相撲3月場所。肝心の土俵はほとんど注目されず、25日、横綱鶴竜(32)の4度目の優勝で幕を閉じた。

 今場所は12勝の高安をのぞき、日本人力士はほとんど話題に上らなかった。注目を集めたのは12勝を挙げた魁聖、10勝で来場所に大関とりがかかる栃ノ心、復活した逸ノ城ら、外国人力士ばかり。揚げ句、一人横綱の独走を許してしまった。

 冒頭の中澤潔氏は「日本人力士がだらしなさすぎる」と、こう続ける。

「そもそも肝心の土俵に魅力がないから、相撲部屋に入門してくるのは単に体格のいい子だけ。運動のできる子は、他のスポーツに行ってしまいますよ。しかも、貴乃花部屋の力士が年上の付け人を殴ったように、暴力まで横行しているとあれば、なおさらです。そこにきて、親方衆の指導もなっていない。力士も『勝てば何でもいい』と目先の勝敗ばかり気にして、明日につながる相撲がない。『みんなで切磋琢磨して、先場所優勝した栃ノ心に勝つ!』といった機運が出てくるようなら面白いんですけどねえ……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る