鶴竜優勝、貴親方は自爆…モンゴル勢が謳歌する我が世の春

公開日:

「見るべきものがひとつもない。騒がれるのは土俵の外ばかりで、内容が何もない場所でした」

 相撲評論家の中澤潔氏が嘆く。

 初日から貴乃花親方(45)の無断欠勤という、“場外乱闘”で幕を開けた大相撲3月場所。肝心の土俵はほとんど注目されず、25日、横綱鶴竜(32)の4度目の優勝で幕を閉じた。

 今場所は12勝の高安をのぞき、日本人力士はほとんど話題に上らなかった。注目を集めたのは12勝を挙げた魁聖、10勝で来場所に大関とりがかかる栃ノ心、復活した逸ノ城ら、外国人力士ばかり。揚げ句、一人横綱の独走を許してしまった。

 冒頭の中澤潔氏は「日本人力士がだらしなさすぎる」と、こう続ける。

「そもそも肝心の土俵に魅力がないから、相撲部屋に入門してくるのは単に体格のいい子だけ。運動のできる子は、他のスポーツに行ってしまいますよ。しかも、貴乃花部屋の力士が年上の付け人を殴ったように、暴力まで横行しているとあれば、なおさらです。そこにきて、親方衆の指導もなっていない。力士も『勝てば何でもいい』と目先の勝敗ばかり気にして、明日につながる相撲がない。『みんなで切磋琢磨して、先場所優勝した栃ノ心に勝つ!』といった機運が出てくるようなら面白いんですけどねえ……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る