• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鶴竜優勝、貴親方は自爆…モンゴル勢が謳歌する我が世の春

「見るべきものがひとつもない。騒がれるのは土俵の外ばかりで、内容が何もない場所でした」

 相撲評論家の中澤潔氏が嘆く。

 初日から貴乃花親方(45)の無断欠勤という、“場外乱闘”で幕を開けた大相撲3月場所。肝心の土俵はほとんど注目されず、25日、横綱鶴竜(32)の4度目の優勝で幕を閉じた。

 今場所は12勝の高安をのぞき、日本人力士はほとんど話題に上らなかった。注目を集めたのは12勝を挙げた魁聖、10勝で来場所に大関とりがかかる栃ノ心、復活した逸ノ城ら、外国人力士ばかり。揚げ句、一人横綱の独走を許してしまった。

 冒頭の中澤潔氏は「日本人力士がだらしなさすぎる」と、こう続ける。

「そもそも肝心の土俵に魅力がないから、相撲部屋に入門してくるのは単に体格のいい子だけ。運動のできる子は、他のスポーツに行ってしまいますよ。しかも、貴乃花部屋の力士が年上の付け人を殴ったように、暴力まで横行しているとあれば、なおさらです。そこにきて、親方衆の指導もなっていない。力士も『勝てば何でもいい』と目先の勝敗ばかり気にして、明日につながる相撲がない。『みんなで切磋琢磨して、先場所優勝した栃ノ心に勝つ!』といった機運が出てくるようなら面白いんですけどねえ……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  8. 8

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

もっと見る