• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年寄降格も反省ゼロ 貴乃花親方“面従腹背”に協会戦々恐々

 終幕か、それとも続編があるのか。

 一連の騒動で相撲協会と対立していた貴乃花親方(45)が、昨29日の理事会で2階級降格の懲戒処分。現在の委員から主任を“飛び越え”、親方衆の中では最もランクの低い「年寄」となった。付け人を殴った貴公俊(20)は1場所出場停止だ。

 八角理事長(元横綱北勝海)は会見で、「(3月場所の)初日に欠勤届を出さず、中日まで正当な理由なく欠勤。これは職務専任義務に違反し、改善の催告をしたにもかかわらず、それを無視、あるいは拒否したこと。貴公俊の監督責任もあるため、降格処分としました」と説明。

 貴乃花親方も、「深く反省し、新たな気持ちで大相撲発展のためにも精進をし、真摯に処分を受け止め、鍛錬に励むことを貴公俊と2人で話しています」とコメントを発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る