• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

反省の弁は保身が目的か 貴乃花親方に“面従腹背”の過去

 人の性格や考え方はそう簡単に変わるものではない。

 弟子の貴公俊(20)が付け人を殴ったことによって、窮地に追い込まれた貴乃花親方(45)。

 3月場所当初、平然と無断欠勤していた態度はどこへやら。暴行発覚後は協会に対して従順になり、勤務態度もガラリと変わった。

 内閣府に提出した告発状も取り下げる意向で、さらには「一兵卒として出直したい。将来がある貴公俊にも寛大な措置をお願いしたい」と話すなど、まるで改心したかのような姿勢をアピールしている。

 もっとも、協会内で貴乃花親方の豹変をうのみにする者はひとりもいない。中でも親方衆の怒りはすさまじく、年寄会会長の錦戸親方(元関脇水戸泉)は「年寄会ですべて説明すべし」と迫ったほど。28日の年寄会では、貴乃花親方がつるし上げになるともいわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  4. 4

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  5. 5

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  6. 6

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  7. 7

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  8. 8

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    雨の降り方が一変…明治以来の土建国家の施策は破綻危機

もっと見る