ガーナ相手に7発の大勝 川澄奈穂美なでしこ復帰の絶大効果

公開日: 更新日:

 2019年W杯予選を兼ねたアジア杯(6~20日=ヨルダン)を控えている日本女子サッカー代表「なでしこジャパン」(世界ランク11位)が1日、長崎でガーナ(同46位)と親善試合を行い、7―1で圧勝した。

 アジア杯への景気付けとなった試合で一番の注目は、11年W杯優勝メンバーでリオ五輪出場を逃した16年3月のアジア予選以来、2年ぶりの代表復帰となったFW川澄奈穂美(32=シアトル)の出来栄えだ。

 4―1で迎えた後半14分に途中出場。右FWに入り、2年の代表ブランクを感じさせないプレーを披露した。後半38分には、世界女王仲間であるDF鮫島彩に向けてドンピシャのクロスを供給。左足ダイレクトシュートを引き出した。

「右サイドから果敢に攻め入って精度の高いクロスをFWに送り、そして積極的にシュートも放っていくという持ち味は変わりなく、明るい性格でムードメーカーにもなれる。間違いなくプラス材料です」(初代なでしこ専任監督・鈴木良平氏)

 期待して良さそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る