• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ガーナ相手に7発の大勝 川澄奈穂美なでしこ復帰の絶大効果

 2019年W杯予選を兼ねたアジア杯(6~20日=ヨルダン)を控えている日本女子サッカー代表「なでしこジャパン」(世界ランク11位)が1日、長崎でガーナ(同46位)と親善試合を行い、7―1で圧勝した。

 アジア杯への景気付けとなった試合で一番の注目は、11年W杯優勝メンバーでリオ五輪出場を逃した16年3月のアジア予選以来、2年ぶりの代表復帰となったFW川澄奈穂美(32=シアトル)の出来栄えだ。

 4―1で迎えた後半14分に途中出場。右FWに入り、2年の代表ブランクを感じさせないプレーを披露した。後半38分には、世界女王仲間であるDF鮫島彩に向けてドンピシャのクロスを供給。左足ダイレクトシュートを引き出した。

「右サイドから果敢に攻め入って精度の高いクロスをFWに送り、そして積極的にシュートも放っていくという持ち味は変わりなく、明るい性格でムードメーカーにもなれる。間違いなくプラス材料です」(初代なでしこ専任監督・鈴木良平氏)

 期待して良さそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る