黒星の初登板 中日松坂の恩師「全体少しずつ足りない」

公開日: 更新日:

 プレーボール前、場内に「松坂」の名前がコールされると、スタンドから割れんばかりの大歓声が起こった。

 5日の巨人戦。中日松坂大輔(37)が日本では2006年9月26日のロッテ戦以来、4209日ぶりに先発。5回96球を投げ、8安打3失点。5三振を奪ったが、初黒星を喫した。

「先頭打者をしっかりアウトにすることができなかった。球数が多くなってしまったことが反省」と振り返った。

 運もなかった。中でも三回は吉川尚に中前へ落ちる二塁打で出塁を許すと、坂本勇にも右翼線へポトリと落ちる右前打。無死満塁からマギーの遊ゴロ併殺打の間に1点を失った。続く岡本は遊ゴロに仕留めたものの、京田の一塁への悪送球で3点目を献上。

 横浜高の野球部部長として松坂を育てた恩師・小倉清一郎氏は「久々の公式戦で、試合を壊さずに5回を投げられたことは収穫」とした上で、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る