根尾めぐり秋に再び…大阪桐蔭入学時“争奪戦”仰天の中身

公開日:

 今大会を沸かせたひとり、今秋のドラフト1位候補の大阪桐蔭・根尾昂(3年)は、中学時代から注目されていた。岐阜・飛騨高山ボーイズ時代は投手として最速146キロをマーク。日本代表にも入り、当然のことながら争奪戦になった。大阪桐蔭入学を決めた際には、じだんだを踏んだ高校も多かった。

「医者の息子で成績優秀。ある大学の付属校は、『医学部』進学まで確約したそうです。中学時代はアルペンスキーでも全国制覇しているため、野球とスキーの二刀流を容認した学校もある。ある名門大学付属校は、有力OBが熱心に声を掛けた。かなりの伝統校ですが、このOBが恩着せがましかったみたい。それで根尾自身、将来はプロ一本と心が決まり、大阪桐蔭入学を決意したようです」(岐阜の高校野球関係者)

 今大会は3日の準決勝・三重戦で五回から2番手として登板。直球は最速で147キロをマークし、無失点の好投。3回戦の明秀日立(茨城)戦では1失点完投勝利を飾った。打っては5番打者として準決勝までで14打数7安打7打点。「二刀流」の活躍を見せている。 投手としても野手としてもプロの評価は高い。中3時同様、この秋もドラフト1位で「争奪戦」になるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る