西野氏は“次善の策” ハリル後任本命は「岡ちゃん」だった

公開日: 更新日:

 ところが――。実は西野監督は「次善の策にすぎない。田嶋さんは意中の人に逃げられたのです」とマスコミ関係者が、こう続ける。

「田嶋さんは、3月24日付でJFA副会長職を辞した岡田武史(61=現JFL今治オーナー)以外にハリルの後任を任せる人物はいないと確信していた。しかし、田嶋会長にとって想定外のことが起きた。岡田さんが、代表監督に必要なJFAのS級指導者ライセンスを3月中に返上したのです。年会費1万円を払わなければ、自動的にライセンス失効となるのに岡田さんは“わざわざJFAに連絡して退会申請書を提出”した。なにがあってももう日本代表監督はやらない――という意思表示。これ以上のメッセージはありません」

 岡田氏のニックネームは「困ったときの岡ちゃん」。最終予選中に加茂周監督が成績不振で解任された98年フランスW杯では、監督経験のない当時の岡田コーチが昇格した。06年ドイツW杯後に就任したオシム監督が脳梗塞に倒れて退任した際も、再び監督に再登板。見事、予選を突破して10年南ア大会で16強入りの大健闘を見せた。今回も3度目の「困ったときの岡ちゃん」が登場するのでは、と見る向きが多かったのは事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  9. 9

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る