元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

加地亮<2>W杯は勝ち負けしか残らない魂と魂のぶつかり合い

公開日: 更新日:

「シュート性のボールを逆サイドに飛ばそう。そうすれば誰かに合うやろと思って強めのボールを蹴りました。自分的にはシュートだったけど、ちょっとマイナスに引っかかった感じ。そこにヤナギさんが飛び込んできた。あの動き出しの鋭さはさすが。結果的に外れたのは、仕方のないことだと思います」と加地は名場面を振り返った。

 ただ、そこで彼は痛感したことがある。

「本当に強いチームというのはチャンスを逃さず決めてくる。落ち着いて仕留められる。それが強豪たるゆえん。W杯は戦術やチームづくりはすべてもみ消され、勝ち負けしか残らない。魂と魂のぶつかり合いなのです」

 準備時間の少ない西野ジャパンだが、それでもチャンスは残されているということ。気迫やメンタルで押し切れば、もしかしたら奇跡を起こせるかもしれない。加地も勝利を強く願っている。

(つづく)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  5. 5

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  8. 8

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  9. 9

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  10. 10

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

もっと見る