元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

加地亮<2>W杯は勝ち負けしか残らない魂と魂のぶつかり合い

公開日: 更新日:

「連日リハビリを続け、とりあえず最終チェックでゴーサインが出た。ホッとしました。ただ『第2戦(のクロアチア戦)から』という条件付きでした。オーストラリア戦は、みんなに頑張ってもらうしかなかったです」

 オーストラリア戦の日本は、中村の先制弾で1点をリードして後半を迎えた。ところがケーヒル(英ミルウォールFW)といった切り札を次々と投入してきた相手のパワーに屈してしまう。

「何とか引き分けでいいから終わってくれと祈ったけど、怒涛の攻めを受けたら耐えるのは難しい。あの初戦でドイツW杯は終わっていたかもしれない」と彼は述懐する。

■柳沢の「Q・B・K」は加地のセンタリングから

 気を取り直してクロアチア戦に先発。後半6分には、加地の絶妙の折り返しに柳沢敦(鹿島コーチ)がゴール前にフリーで飛び込む決定機を迎えたが、シュートは無情にもゴール右に外れた。いわゆる「Q・B・K(急にボールが来たから)」と言われるシーンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  5. 5

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  9. 9

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  10. 10

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

もっと見る