元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

加地亮<2>W杯は勝ち負けしか残らない魂と魂のぶつかり合い

公開日: 更新日:

 本番2カ月前の監督交代という前代未聞の事態に直面した西野ジャパンとは違い、2006年ドイツW杯に挑んだジーコ日本は、前評判が非常に高かった。しかし初戦オーストラリア戦の1―3の逆転負けでもくろみがすべて崩れ、日本は惨敗。その渦中にいた加地亮は「W杯はホント一瞬で終わってしまう。とにかく今、できることをすべてやるしかない」と揺れ動く現代表にアドバイスを送った。

 ジーコ日本は、MFに中田英寿中村俊輔(磐田)、小野伸二(札幌)らを擁したスター軍団だった。02年日韓W杯のベスト16超えが期待されており、本番直前の強化試合ドイツ戦も2―2のドローだったが、強豪撃破寸前までいったほどだ。

 この一戦で加地はシュバインシュタイガー(米シカゴMF)に後方から悪質なタックルを受け、右足首を負傷。大会辞退の危機に瀕した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る