元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

加地亮<2>W杯は勝ち負けしか残らない魂と魂のぶつかり合い

公開日:

 本番2カ月前の監督交代という前代未聞の事態に直面した西野ジャパンとは違い、2006年ドイツW杯に挑んだジーコ日本は、前評判が非常に高かった。しかし初戦オーストラリア戦の1―3の逆転負けでもくろみがすべて崩れ、日本は惨敗。その渦中にいた加地亮は「W杯はホント一瞬で終わってしまう。とにかく今、できることをすべてやるしかない」と揺れ動く現代表にアドバイスを送った。

 ジーコ日本は、MFに中田英寿、中村俊輔(磐田)、小野伸二(札幌)らを擁したスター軍団だった。02年日韓W杯のベスト16超えが期待されており、本番直前の強化試合ドイツ戦も2―2のドローだったが、強豪撃破寸前までいったほどだ。

 この一戦で加地はシュバインシュタイガー(米シカゴMF)に後方から悪質なタックルを受け、右足首を負傷。大会辞退の危機に瀕した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る