小野寺誠
著者のコラム一覧
小野寺誠プロゴルファー

1970年、東京都生まれ。6歳よりゴルフを始め、小学6年の時に青木功がハワイアンオープンで優勝したシーンをテレビで見て、プロになることを決意。中学,高校は、ゴルフの名門校である日大付属のゴルフ部で活躍。ジュニアトーナメントでも成績を残す。16歳でアメリカ留学を決意。アメリカで現在カリスマコーチである江連忠プロと出会い、共に試合に転戦しながらゴルフの最新理論を学ぶ。帰国後、1996年プロテストに合格。多数の試合に出場した経験を生かし独立。現在はアマチュアを主に男女を問わず指導する。

全番手クラブを短く持って グリップエンドを1cm余らせる

公開日: 更新日:
イラスト・たかぎしひろや

 スコア100の大台を突破できないレベルのアマチュアは、共通してクラブを目いっぱい長く持つ傾向が見られます。

 飛ばしたい、ターゲットに寄せたい、いい球を打ちたいという欲望が力みを生み、大振りになっています。

 クラブを…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  5. 5

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  6. 6

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  7. 7

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  8. 8

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  9. 9

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  10. 10

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

もっと見る