二軍打撃Cが太鼓判 日ハム清宮“折れたバットは”好調の証し

公開日: 更新日:

 また打った。

 清宮幸太郎(18)が26日の楽天二軍戦で、第1打席に右腕・戸村の内寄りに来た143キロの速球を叩き、右翼へ4号ソロを放った。

 初本塁打を打った20日のロッテ戦から5戦4発とハイペースでアーチを量産する清宮は「うまくタイミングがとれて、いい感じで打てたと思う」と淡々と話した。

 一方で、ライバル球団も清宮に対して、内角中心の配球で抑えにかかっている。この日は内寄りの球を本塁打したものの、2打席目以降は三振、四球、左飛に終わり、清宮は「(本塁打した)1回だけじゃなく、これを続けられれば自信になると思う」と意気込んだ。

 清宮はここまで二軍戦に12試合に出場し、打率.205、4本塁打、9打点。初安打をマークした17日の楽天戦からの成績に限ると、30打数8安打で打率.266と数字は上がっている。内角球への対応力がアップすれば、本塁打だけでなく、打率も上昇カーブを描いていくだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  5. 5

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る