高卒新人新記録の日ハム清宮 他球団が球場外でも“丸裸”に

公開日: 更新日:

 高卒新人記録を塗り替えた。

 日本ハム清宮幸太郎(18)が6日のロッテ戦の第1打席で三塁内野安打を放ち、デビュー戦から5試合連続安打をマーク。99年赤田(西武)、15年浅間(日本ハム)が持っていた記録(4試合)を更新した。

 ボテボテの内野安打ではあったが、全力疾走でしぶとく安打をもぎ取った清宮は「集中してやれている。安打を打つことは難しい。安打らしい安打を打ち、次につなげたい」と前を向いた。

 デビュー戦から全試合で安打をマークする一方で、長打は2日の楽天戦で岸から放った二塁打のみ。計19打席で9三振と、モロさも露呈している。さるパ球団のスコアラーは「二軍戦のときから、分析は続いている」と、こう続けた。

「清宮はタイミングの取り方を変えるなどしているが、まだまだ内角球に反応しきれていない。内を意識しているうちは、外角中心でカウントを追い込む形をつくれればいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る