上位力士にコテンパン 夏場所出場の稀勢の里は相撲勘不安

公開日:

「あークソ!」

 2日続けて、横綱稀勢の里(31)の罵声が土俵にこだました。

 3日の横綱審議委員会による稽古総見で栃ノ心と鶴竜にコテンパンにされると、4日は出稽古に赴いた春日野部屋で栃ノ心に返り討ち。解説者の北の富士氏も、「(5月場所は)あれで出るの? 間に合わないよ」と、呆れ果てていた。

 稀勢の里はもっか6場所連続休場中。1月場所を途中休場した際は、「次に出る場所で覚悟を決める」と明言した。5月場所は13日が初日。このままでは、出場しても引退となりかねない。

 当の本人は「課題が見つかってよかった」などと強気だが、ある親方は「ただの虚勢ですよ」と、こう続ける。

「稀勢の里は4月12日から巡業に途中参加すると、十両を相手に体を慣らしていった。18日に初めて幕内の豊山と稽古。その後はペースを上げていくのかと思いきや、稽古相手に選ぶのは千代の国、竜電といった幕内下位の力士ばかり。休場が続いている横綱にしては随分のんびりしたものだと、親方衆の間でも疑問視されていた。ただでさえ、度重なる休場で相撲勘が鈍っている稀勢の里のこと。このペースでは、残り1週間で仕上げられるわけがない」

 それでも出場するというならば、5月場所が日本人横綱の「命日」になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る