山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

衣笠祥雄さんの死に思う “鉄人”と簡略化することの危うさ

公開日: 更新日:

 元広島の衣笠祥雄さんが亡くなった。享年71。鉄人と呼ばれた男にしてはあまりに早すぎる死。なんでも、大腸がんを患っていたという。

 このニュースがいかに衝撃的であったかは、大阪のデイリースポーツが1面で報じたことからもよくわかる。いつなんどきでも阪神推しの1面で知られるデイリーが特例を認めたということだ。

 もちろん、団塊ジュニア世代の私にとってもそうだった。衣笠さんといえば少年時代のスーパースターである。当時から虎党だった私は掛布雅之に心酔する一方で、黄金時代の赤ヘル軍団を支えた、いわゆるYK砲(山本浩二&衣笠祥雄)に畏怖の念を抱いていた。

 とりわけ衣笠さんは不思議な選手で、なんというか野生動物がそのままバットとグラブを持っているような、技術よりも勘と本能でプレーしているような、そんな荒々しい迫力を感じさせた。のちに彼がアフリカ系アメリカ人と日本人のハーフであることを知り、その外見も含めて妙に納得したことを覚えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る