昨夏V花咲徳栄が初公式戦 ドラフト候補・野村の評価急上昇

公開日:  更新日:

 昨夏甲子園優勝の花咲徳栄が27日、春の埼玉県大会2回戦を戦った。

 昨秋の関東大会以来となる公式戦に、ネット裏には10球団のスカウトが集結。お目当てはドラフト候補で通算48本塁打の野村佑希内野手(3年)だ。

「4番・三塁」で先発し、2安打2打点。七回2死満塁で右越え2点二塁打を放ち、貴重な追加点を叩き出した。最終年を主将として迎えている。試合は川越東に1点差の辛勝。「プレッシャーは仕方ない。その中で自分たちの野球ができるように」と話した。

 昨年までは外野手だったが、オフに三塁へコンバートされた。視察したスカウトは「評価が高いのは打撃」とこう続ける。

「今年の高校生上位候補を見ても、大阪桐蔭の根尾、藤原、報徳学園の小園ら、最近の注目選手は左打者ばかりに偏っているんです。右投げ右打ちで長距離打者と限定すると、かなり貴重な存在。関東では一番じゃないですか。野村は投手をやっても140キロ台半ばが出るように肩も強い。夏の甲子園は外野手だったけど、内野も守れれば幅が広がって評価も上がる。現段階では3位クラスですが、夏までに上がってくる可能性は十分あります」

 今春のセンバツ出場は逃したが、連覇を狙う今夏の100回記念大会を前に、ドラフト候補が力を発揮し始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る