昨夏V花咲徳栄が初公式戦 ドラフト候補・野村の評価急上昇

公開日:  更新日:

 昨夏甲子園優勝の花咲徳栄が27日、春の埼玉県大会2回戦を戦った。

 昨秋の関東大会以来となる公式戦に、ネット裏には10球団のスカウトが集結。お目当てはドラフト候補で通算48本塁打の野村佑希内野手(3年)だ。

「4番・三塁」で先発し、2安打2打点。七回2死満塁で右越え2点二塁打を放ち、貴重な追加点を叩き出した。最終年を主将として迎えている。試合は川越東に1点差の辛勝。「プレッシャーは仕方ない。その中で自分たちの野球ができるように」と話した。

 昨年までは外野手だったが、オフに三塁へコンバートされた。視察したスカウトは「評価が高いのは打撃」とこう続ける。

「今年の高校生上位候補を見ても、大阪桐蔭の根尾、藤原、報徳学園の小園ら、最近の注目選手は左打者ばかりに偏っているんです。右投げ右打ちで長距離打者と限定すると、かなり貴重な存在。関東では一番じゃないですか。野村は投手をやっても140キロ台半ばが出るように肩も強い。夏の甲子園は外野手だったけど、内野も守れれば幅が広がって評価も上がる。現段階では3位クラスですが、夏までに上がってくる可能性は十分あります」

 今春のセンバツ出場は逃したが、連覇を狙う今夏の100回記念大会を前に、ドラフト候補が力を発揮し始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る