昨夏V花咲徳栄が初公式戦 ドラフト候補・野村の評価急上昇

公開日: 更新日:

 昨夏甲子園優勝の花咲徳栄が27日、春の埼玉県大会2回戦を戦った。

 昨秋の関東大会以来となる公式戦に、ネット裏には10球団のスカウトが集結。お目当てはドラフト候補で通算48本塁打の野村佑希内野手(3年)だ。

「4番・三塁」で先発し、2安打2打点。七回2死満塁で右越え2点二塁打を放ち、貴重な追加点を叩き出した。最終年を主将として迎えている。試合は川越東に1点差の辛勝。「プレッシャーは仕方ない。その中で自分たちの野球ができるように」と話した。

 昨年までは外野手だったが、オフに三塁へコンバートされた。視察したスカウトは「評価が高いのは打撃」とこう続ける。

「今年の高校生上位候補を見ても、大阪桐蔭の根尾、藤原、報徳学園の小園ら、最近の注目選手は左打者ばかりに偏っているんです。右投げ右打ちで長距離打者と限定すると、かなり貴重な存在。関東では一番じゃないですか。野村は投手をやっても140キロ台半ばが出るように肩も強い。夏の甲子園は外野手だったけど、内野も守れれば幅が広がって評価も上がる。現段階では3位クラスですが、夏までに上がってくる可能性は十分あります」

 今春のセンバツ出場は逃したが、連覇を狙う今夏の100回記念大会を前に、ドラフト候補が力を発揮し始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る