鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔野球文化学会会長・名城大准教授

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

米国にも存在? メジャーリーグにおける「忖度」の事例

公開日: 更新日:

 学校法人森友学園への国有地払い下げをめぐる問題では、それまで難解な言葉と思われていた「忖度」が日常語となった感がある。もちろん、話し手がいる言語は絶えず言葉の意味が変わるのだから、「忖度」に新しい意味が加わることは当然だ。

 それだけに、今や忖度が「他人の心を推し量る」という本来の意味を超えて「相手の顔色をうかがい、迎合する」という新しい意味が加わったことは、言葉の意味がどのように変化するかを示す興味深い事例といえる。

 ところで、「相手の顔色をうかがい、迎合する」という意味での「忖度」は、自らの主張を言葉で明確に表現することを好む傾向の強い米国には存在するのだろうか。

 5月19日に英国のヘンリー王子と結婚する女優のメーガン・マークルも出演していたことで知られる「SUITS スーツ」など、米国では弁護士を主人公とするテレビドラマが多い。また、ジェームズ・スチュアートが主演した1939年の映画「スミス都へ行く」のように、主人公の演説が重要な意味を持つ作品も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  8. 8

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  9. 9

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る