自ら2安打し2勝目…中日・松坂は出来高で“1億円超え”も?

公開日: 更新日:

 中日松坂大輔(37)が危なげない投球で2勝目(3敗)を挙げた。

 前回先発した13日の巨人戦は、三回途中で右ふくらはぎの張りを訴えて降板。周囲の心配をよそに20日、中6日で阪神戦のマウンドに上がった。

 6回91球を投げ、3安打7奪三振1失点。移籍後8打席目で初安打を放つなど2安打も記録し、「監督から打撃を期待されて取ってもらったので、やっと打つことができて良かった」と2度目のお立ち台で笑みがこぼれた。

 この日も「サンデー大輔」効果は絶大で、入場券は完売。ナゴヤドームで今季2番目に多い3万6180人を集めた。最多の3万6606人だった4月30日のDeNA戦も、松坂が初勝利を挙げた試合。グッズの売り上げも含めた営業面の貢献度は高く、球団はホクホクだ。

 さる球界関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る