• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自ら2安打し2勝目…中日・松坂は出来高で“1億円超え”も?

 中日の松坂大輔(37)が危なげない投球で2勝目(3敗)を挙げた。

 前回先発した13日の巨人戦は、三回途中で右ふくらはぎの張りを訴えて降板。周囲の心配をよそに20日、中6日で阪神戦のマウンドに上がった。

 6回91球を投げ、3安打7奪三振1失点。移籍後8打席目で初安打を放つなど2安打も記録し、「監督から打撃を期待されて取ってもらったので、やっと打つことができて良かった」と2度目のお立ち台で笑みがこぼれた。

 この日も「サンデー大輔」効果は絶大で、入場券は完売。ナゴヤドームで今季2番目に多い3万6180人を集めた。最多の3万6606人だった4月30日のDeNA戦も、松坂が初勝利を挙げた試合。グッズの売り上げも含めた営業面の貢献度は高く、球団はホクホクだ。

 さる球界関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る