自ら2安打し2勝目…中日・松坂は出来高で“1億円超え”も?

公開日: 更新日:

 中日の松坂大輔(37)が危なげない投球で2勝目(3敗)を挙げた。

 前回先発した13日の巨人戦は、三回途中で右ふくらはぎの張りを訴えて降板。周囲の心配をよそに20日、中6日で阪神戦のマウンドに上がった。

 6回91球を投げ、3安打7奪三振1失点。移籍後8打席目で初安打を放つなど2安打も記録し、「監督から打撃を期待されて取ってもらったので、やっと打つことができて良かった」と2度目のお立ち台で笑みがこぼれた。

 この日も「サンデー大輔」効果は絶大で、入場券は完売。ナゴヤドームで今季2番目に多い3万6180人を集めた。最多の3万6606人だった4月30日のDeNA戦も、松坂が初勝利を挙げた試合。グッズの売り上げも含めた営業面の貢献度は高く、球団はホクホクだ。

 さる球界関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る