帰化に反対の父死去 白鵬「親方・理事長」の野望どうなる

公開日:

 最愛の父の死で、新たに決意を抱くか。

 9日、横綱白鵬(33)の父、ジジド・ムンフバト氏がモンゴル国内で死去。肝臓の病気で、76歳だった。

 モンゴル相撲(ブフ)の横綱を務めたムンフバト氏は、母国では絶大な人気を誇る英雄だった。レスリングでも国際大会を舞台に活躍し、64年東京五輪から5大会連続出場。68年メキシコ五輪ではフリースタイル87キロ級で銀メダルを獲得し、モンゴルに初めて五輪メダルをもたらした。

 モンゴル事情に詳しいタニマチ筋が言う。

「日本でいえば、それこそ長嶋茂雄クラスの知名度と人気があります。国家ナーダムという祭典で6度優勝。ブフにおける横綱に相当するアヴァルガの称号を授けられた。これは大相撲の横綱になるよりも難しいとされ、その分、一生食うには困らないとまでいわれています。その上、五輪で国内初のメダリストですからね。そうした背景があるだけに、生前は息子の帰化には絶対反対の立場を取っていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る