稽古で大関横綱を最初から圧倒 豊山は“KY”なパワー自慢

公開日: 更新日:

時津風部屋 前頭3枚目

 今場所は負け越しが決定も、稽古では強い。強いのだが、「角界の暗黙の了解がわかっていない面もある」とも言われていた。

「ルールというほどのルールでもないが、『稽古見学に来たファンなど大勢が見ている前では、下の者は上位力士に最初から本気でぶつかってはいけない』という、ややこしい慣例があるんです」

 とは、あるベテラン記者。どういうことか。

「ぶつかり稽古で、大関横綱が『さあ、来い!』と下位の力士を指名する。その時点では、受ける側もまだエンジンが温まっていない。そこに力自慢の豊山が本気でぶつかっていくのだから、横綱といえど土俵の外まで一気にもっていかれる。それを大勢が見ている中で行えば、上位力士もバツが悪いし、何よりケガの恐れもある。つまり、ぶつかり稽古では最初は適当に当たるべし、ということです。兄弟子の正代はその辺りがうまい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る