稽古で大関横綱を最初から圧倒 豊山は“KY”なパワー自慢

公開日: 更新日:

時津風部屋 前頭3枚目

 今場所は負け越しが決定も、稽古では強い。強いのだが、「角界の暗黙の了解がわかっていない面もある」とも言われていた。

「ルールというほどのルールでもないが、『稽古見学に来たファンなど大勢が見ている前では、下の者は上位力士に最初から本気でぶつかってはいけない』という、ややこしい慣例があるんです」

 とは、あるベテラン記者。どういうことか。

「ぶつかり稽古で、大関横綱が『さあ、来い!』と下位の力士を指名する。その時点では、受ける側もまだエンジンが温まっていない。そこに力自慢の豊山が本気でぶつかっていくのだから、横綱といえど土俵の外まで一気にもっていかれる。それを大勢が見ている中で行えば、上位力士もバツが悪いし、何よりケガの恐れもある。つまり、ぶつかり稽古では最初は適当に当たるべし、ということです。兄弟子の正代はその辺りがうまい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る