衝撃デビューも遠い過去 「モンゴルの怪物」逸ノ城の凋落

公開日: 更新日:

 新入幕の2014年9月場所を忘れられないファンは多いだろう。

 200キロ近い体重で身軽に動き回り、稀勢の里と豪栄道の2大関を破ると、さらに横綱鶴竜をも倒す大金星。1914年の両国(元関脇)以来となる、100年ぶりの新入幕初優勝とはならなかったものの、13勝2敗で終盤まで優勝争いを演じた。

 翌11月場所は東前頭10枚目から、一気に関脇に昇進。当時は湊親方(元幕内湊富士)も大ハシャギし、女将が美人だ何だのとメディアも群がった。そんなフィーバーも本人の凋落とともに過ぎ去り、いまやデカいだけのやられ役として定着してしまった。

 ある親方は「原因は稽古不足です」と言う。

「逸ノ城は我慢強くない。ちょっとしんどいと、すぐに休んでしまう。稽古中も疲れてくると辛抱せず、簡単に土俵を割ってしまう。巡業では土俵に上がらないことも多く、同郷の照ノ富士や白鵬にも呆れられています。ただでさえ、湊部屋は逸ノ城以外の幕内がおらず、稽古相手がいない。若手と稽古をしたところで、体格差で圧倒できる相手ばかりだからね。本来ならば積極的に出稽古に赴くべきだが、それすらもあまり熱心ではない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    特攻兵士が残した「全体主義の国家は必ず敗れ去ります」の言葉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る