松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

2勝目2安打 どえりゃ~松坂はつぶしがきく!

公開日:

 中日の松坂大輔が2勝目をあげてめでたい。日曜日ごとに地元ナゴヤドームは「サンデー大輔」見たさにファンが詰めかける。

 名古屋じゃみんな言ってるらしい。

「こらええ方に化けたがや! 客寄せパンダとか言うた関東と関西のバカ顔が見えとるで」

 味噌煮込みうどんと味噌カツと揚げ手羽先でギトギトんなった口から油を飛ばしまくって「燃えよドラゴンズ」を雄たけび、たまに頭から落下しようが気にすることはにゃ~~、ドアラのバック転も気合が入るがや。

 松坂グッズ売れ行きも天井知らず。ピッチャーで投げとるだけかと思うとったら、な、な、なんと、バッターでもマルチで打ちよったがや! 

 急きょ投げる方と打つ方のボブルヘッド人形を発注せにゃならにゃ~で、こりゃどえりゃ~ことだわ。松坂人気はドームを飛び出し、名古屋市長も市民エ~ヨ賞用意しとるがや。松井秀喜に国民栄誉賞で金のバットやった上を行かにゃ~にゃ~、反り返った金のシャチホコの顔だけ大輔のトロフィーを作らんならんで(メッキでもええから)、どえりゃ~どえりゃ~どえりゃ~ことだがや!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る