松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

2勝目2安打 どえりゃ~松坂はつぶしがきく!

公開日: 更新日:

 中日の松坂大輔が2勝目をあげてめでたい。日曜日ごとに地元ナゴヤドームは「サンデー大輔」見たさにファンが詰めかける。

 名古屋じゃみんな言ってるらしい。

「こらええ方に化けたがや! 客寄せパンダとか言うた関東と関西のバカ顔が見えとるで」

 味噌煮込みうどんと味噌カツと揚げ手羽先でギトギトんなった口から油を飛ばしまくって「燃えよドラゴンズ」を雄たけび、たまに頭から落下しようが気にすることはにゃ~~、ドアラのバック転も気合が入るがや。

 松坂グッズ売れ行きも天井知らず。ピッチャーで投げとるだけかと思うとったら、な、な、なんと、バッターでもマルチで打ちよったがや! 

 急きょ投げる方と打つ方のボブルヘッド人形を発注せにゃならにゃ~で、こりゃどえりゃ~ことだわ。松坂人気はドームを飛び出し、名古屋市長も市民エ~ヨ賞用意しとるがや。松井秀喜に国民栄誉賞で金のバットやった上を行かにゃ~にゃ~、反り返った金のシャチホコの顔だけ大輔のトロフィーを作らんならんで(メッキでもええから)、どえりゃ~どえりゃ~どえりゃ~ことだがや!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る