• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

2勝目2安打 どえりゃ~松坂はつぶしがきく!

 中日の松坂大輔が2勝目をあげてめでたい。日曜日ごとに地元ナゴヤドームは「サンデー大輔」見たさにファンが詰めかける。

 名古屋じゃみんな言ってるらしい。

「こらええ方に化けたがや! 客寄せパンダとか言うた関東と関西のバカ顔が見えとるで」

 味噌煮込みうどんと味噌カツと揚げ手羽先でギトギトんなった口から油を飛ばしまくって「燃えよドラゴンズ」を雄たけび、たまに頭から落下しようが気にすることはにゃ~~、ドアラのバック転も気合が入るがや。

 松坂グッズ売れ行きも天井知らず。ピッチャーで投げとるだけかと思うとったら、な、な、なんと、バッターでもマルチで打ちよったがや! 

 急きょ投げる方と打つ方のボブルヘッド人形を発注せにゃならにゃ~で、こりゃどえりゃ~ことだわ。松坂人気はドームを飛び出し、名古屋市長も市民エ~ヨ賞用意しとるがや。松井秀喜に国民栄誉賞で金のバットやった上を行かにゃ~にゃ~、反り返った金のシャチホコの顔だけ大輔のトロフィーを作らんならんで(メッキでもええから)、どえりゃ~どえりゃ~どえりゃ~ことだがや!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る