• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小野俊哉
著者のコラム一覧
小野俊哉ノンフィクション作家

1961年岡山出身。スポーツ・アクセス㈲取締役社長。早大理工学部卒、味の素、住友金属工業を経て、03年同社設立。プロ野球、メジャーリーグの記録を分析、評論し各メディアやメジャー球団に情報を提供している。

1、2番の出塁率とクリーンアップの長打率で計算する15OPS

 高い得点力を誇るチームは3~5番のクリーンアップがチャンスに強い。しかも、長打力もある。1、2番がどれだけ塁に出るか(出塁率)? 3、4、5番が長打でかえせるのか? それを計算する「15OPS」は、打線が活発かを測る指標として有効である。

 優勝争いをするためには、1、2番の出塁率3割5分+クリーンアップの長打率4割5分=8割以上の「15OPS」が目標だ。25日時点、セ・リーグではヤクルトが.816、巨人が.815を示し「目標値」を突破。ヤクルトの出塁率.409は両リーグ最高も、長打率.407は同最低とバランスが悪い。1番だった山田を21日から3番に、4番だった青木を1番に入れ替えたのは妥当な判断だ。

 巨人は3番だった坂本を1番に、5番に岡本を起用する「手術」で出塁率.348、長打率.467と理想的なバランスを示し始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  10. 10

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

もっと見る