小野俊哉
著者のコラム一覧
小野俊哉ノンフィクション作家

1961年岡山出身。スポーツ・アクセス㈲取締役社長。早大理工学部卒、味の素、住友金属工業を経て、03年同社設立。プロ野球、メジャーリーグの記録を分析、評論し各メディアやメジャー球団に情報を提供している。

1、2番の出塁率とクリーンアップの長打率で計算する15OPS

公開日:

 高い得点力を誇るチームは3~5番のクリーンアップがチャンスに強い。しかも、長打力もある。1、2番がどれだけ塁に出るか(出塁率)? 3、4、5番が長打でかえせるのか? それを計算する「15OPS」は、打線が活発かを測る指標として有効である。

 優勝争いをするためには、1、2番の出塁率3割5分+クリーンアップの長打率4割5分=8割以上の「15OPS」が目標だ。25日時点、セ・リーグではヤクルトが.816、巨人が.815を示し「目標値」を突破。ヤクルトの出塁率.409は両リーグ最高も、長打率.407は同最低とバランスが悪い。1番だった山田を21日から3番に、4番だった青木を1番に入れ替えたのは妥当な判断だ。

 巨人は3番だった坂本を1番に、5番に岡本を起用する「手術」で出塁率.348、長打率.467と理想的なバランスを示し始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る