無敗王者“112秒殺”で3階級制覇 井上尚弥にライバル尻込み

公開日: 更新日:

「これがボクシングです! (スピード決着に)自分でもびっくりです!」

 新王者がリング上で笑顔を見せた。

 25日に行われたボクシングWBA世界バンタム級タイトルマッチ。挑戦者の井上尚弥(25)が、ここ10年間無敗の王者マクドネルに1回1分52秒でTKO勝ちし、3階級制覇を成し遂げた。

 前日計量から当日は12キロも増やした王者に、井上は「ボディーを狙う」との宣言通り、開幕のゴング早々に左ボディーを一閃。左フックでダウンを奪い、怒涛のラッシュでマクドネルをマットに沈めた。

 井上はスーパーフライ級からバンタム級に転向わずか1試合目。「怪物」の異名を取ったハードパンチャーぶりに他のボクサーたちがおじけづき、なかなか試合が決まらないこともあった。


「井上を倒せばスターダムにのし上がれるチャンスとはいえ、多くのボクサーは『嵐が過ぎる』のを待つのではないか。井上ならさらに上の階級でも十分通用する。階級を変更するまで、息を潜めてじっとしているボクサーがさらに増えることになるでしょうね」(ボクシングライター)

 いつの時代も、強すぎる者は疎まれる宿命か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  5. 5

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  6. 6

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    レバノンがゴーンを引き渡す日…経済危機とコロナで混迷

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    ヤラセ寸劇会見でお茶を濁す安倍首相に「最後のお願い」

もっと見る