無敗王者“112秒殺”で3階級制覇 井上尚弥にライバル尻込み

公開日: 更新日:

「これがボクシングです! (スピード決着に)自分でもびっくりです!」

 新王者がリング上で笑顔を見せた。

 25日に行われたボクシングWBA世界バンタム級タイトルマッチ。挑戦者の井上尚弥(25)が、ここ10年間無敗の王者マクドネルに1回1分52秒でTKO勝ちし、3階級制覇を成し遂げた。

 前日計量から当日は12キロも増やした王者に、井上は「ボディーを狙う」との宣言通り、開幕のゴング早々に左ボディーを一閃。左フックでダウンを奪い、怒涛のラッシュでマクドネルをマットに沈めた。

 井上はスーパーフライ級からバンタム級に転向わずか1試合目。「怪物」の異名を取ったハードパンチャーぶりに他のボクサーたちがおじけづき、なかなか試合が決まらないこともあった。


「井上を倒せばスターダムにのし上がれるチャンスとはいえ、多くのボクサーは『嵐が過ぎる』のを待つのではないか。井上ならさらに上の階級でも十分通用する。階級を変更するまで、息を潜めてじっとしているボクサーがさらに増えることになるでしょうね」(ボクシングライター)

 いつの時代も、強すぎる者は疎まれる宿命か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  8. 8

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る