• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

現役に終止符 元世界王者・山中慎介が“第二の人生”を語る

「神の左」の異名をとった左ストレートで見る人を魅了した。WBC世界バンタム級王座を12回にわたって防衛した元プロボクシングチャンピオン・山中慎介。宿敵ルイス・ネリ(メキシコ)との2度にわたる激戦の末にTKO負け、20年間の現役生活にピリオドを打ち、3月下旬に引退したばかり。リングの上で輝きを放った男は、第二の人生を模索している。

■強さを支えた家族の存在

「競技人生20年、よく頑張ったなと。その間、いろいろありましたけど、やっぱりプロに入ってからは意識が変わりました。デビュー当時から<後がない>って常に意識していたし、試合開始のゴングが鳴らないと、どこまで動けるかわからないという緊張感もあった。そんな感覚って日常生活では味わえないじゃないですか。貴重な時間でしたね」

 バンタム級リミットの53・5キロまで約7キロの体重を落とす減量や日々の練習に耐えながら、2011年から5年9カ月間ベルトを守り続けた。最後に唯一の2連敗を喫し、後味の悪い幕引きとなってしまったが、本人は吹っ切れた様子だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る