河治良幸
著者のコラム一覧
河治良幸

1973年8月、東京都生まれ。青山学院大卒。サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当。近著に「サッカー観戦バイブル」(成美堂出版)。

コロンビア編<上>FW2人にボールが収まらなければ怖くない

公開日:

 いよいよロシアW杯開幕(6月14日)が近づいた。グループリーグH組の日本(FIFAランキング60位)は16位コロンビア、28位セネガル、10位ポーランドと格上ばかりと対戦する。どんな特徴を持ったチームなのか?日本はどう戦えばいいのか? サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当記者・河治良幸氏の「対戦国徹底分析」をお届けする。

 ――6月19日、ロシアW杯初戦で日本はコロンビアと対戦。コロンビアとは4年前のブラジルW杯の第3戦で戦い、ケガで招集外のエースFWファルカオを欠きながら1―4の大敗を喫しました。

「今大会はファルカオが復活して1トップに入ります。4年前の日本戦でゴールを決め、得点王になったMFハメスがトップ下に入り、左右にウイングを置く4(DF)―2(ボランチ)―3(MF)―1(トップ)が基本フォーメーションです。3月のオーストラリア戦では、より攻撃的な4―3―3にトライしました。オーストラリアは日本と実力が拮抗。前線からプレスをかけるスタイルも似ているために仮想・日本として採用した可能性が高いと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  10. 10

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

もっと見る