河治良幸
著者のコラム一覧
河治良幸

1973年8月、東京都生まれ。青山学院大卒。サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当。近著に「サッカー観戦バイブル」(成美堂出版)。

コロンビア編<上>FW2人にボールが収まらなければ怖くない

公開日: 更新日:

 いよいよロシアW杯開幕(6月14日)が近づいた。グループリーグH組の日本(FIFAランキング60位)は16位コロンビア、28位セネガル、10位ポーランドと格上ばかりと対戦する。どんな特徴を持ったチームなのか?日本はどう戦えばいいのか? サッカー専門紙「エル・ゴラッソ」日本代表担当記者・河治良幸氏の「対戦国徹底分析」をお届けする。

 ――6月19日、ロシアW杯初戦で日本はコロンビアと対戦。コロンビアとは4年前のブラジルW杯の第3戦で戦い、ケガで招集外のエースFWファルカオを欠きながら1―4の大敗を喫しました。

「今大会はファルカオが復活して1トップに入ります。4年前の日本戦でゴールを決め、得点王になったMFハメスがトップ下に入り、左右にウイングを置く4(DF)―2(ボランチ)―3(MF)―1(トップ)が基本フォーメーションです。3月のオーストラリア戦では、より攻撃的な4―3―3にトライしました。オーストラリアは日本と実力が拮抗。前線からプレスをかけるスタイルも似ているために仮想・日本として採用した可能性が高いと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る