小野寺誠
著者のコラム一覧
小野寺誠プロゴルファー

1970年、東京都生まれ。6歳よりゴルフを始め、小学6年の時に青木功がハワイアンオープンで優勝したシーンをテレビで見て、プロになることを決意。中学,高校は、ゴルフの名門校である日大付属のゴルフ部で活躍。ジュニアトーナメントでも成績を残す。16歳でアメリカ留学を決意。アメリカで現在カリスマコーチである江連忠プロと出会い、共に試合に転戦しながらゴルフの最新理論を学ぶ。帰国後、1996年プロテストに合格。多数の試合に出場した経験を生かし独立。現在はアマチュアを主に男女を問わず指導する。

前半に大叩きしたなら後半の「テーマ」を決める

公開日: 更新日:
(イラスト・たかぎしひろや)

「今日こそは念願の100切りを達成するぞ」

 と、威勢良くスタートしながら出だしからつまずき、ボロボロと崩れて前半に大叩き。

 後半はどんなにベストを尽くしても、目標達成は到底不可能となれば、残り9ホールは戦意喪失からス…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  2. 2

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  3. 3

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  6. 6

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

  7. 7

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  10. 10

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る