W杯代表23人は新鮮味なし 本田や香川も選出の“忖度選考”

公開日:  更新日:

 ロシアW杯の日本代表メンバー23人が31日午後4時に発表された。主力の顔触れは、1分け2敗で惨敗した14年ブラジルW杯とほとんど変わらず。

 イタリアからメキシコに“都落ち”した本田圭佑(31)。2月から3カ月間ケガで戦線離脱し、本調子には程遠い香川真司(29)。右足首痛が長引いて千葉合宿では別メニュー調整が続いた岡崎慎司(32)のビッグ3は、30日の壮行試合ガーナ戦でも全盛時のパフォーマンスとかけ離れたプレーに終始しながら、本大会メンバー23人のリストに載った。

 ハリルホジッチ前監督は、ビッグ3のパフォーマンス低下を理由に世代交代を推し進めようとしたが、スポンサー企業、大マスコミ、代理店の意向を忖度した日本サッカー協会が解任に踏み切り、J1名古屋監督を15年シーズンで辞めて以来、現場を離れていた西野朗監督を後釜に指名した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る