防御率5点台超え 巨人・田口の不調原因に“菅野の翌日”も

公開日: 更新日:

 巨人はエースの菅野智之(28)が7回1失点で1日のオリックス戦に先勝。119球で7安打されたが、粘りの投球で6勝目(3敗)を挙げた。しかし、首脳陣の頭痛の種は土曜日である。

 今日2日に予告先発されている田口麗斗(22)のことだ。1日現在で2勝3敗、防御率5.06。最近5試合の失点は6、2、5、2、4で2連敗中だ。「先発が頑張らないとウチは勝てない」と言う斎藤投手総合コーチは先月、「菅野と(山口)俊はいいとして、想定外なのは田口。こっちは計算しているんだから。球が全体的に高いよね」とクビをかしげていた。三塁付近から一塁へ、助走をつけて体全体を使って投げる練習を取り入れるなど、修正を試みているものの、復調の兆しは見えてこない。

 結婚して臨んだ昨季は、2年連続2ケタ勝利となる13勝(4敗)。成長したはずの左腕エースに何があったのか。今季、田口に土をつけたセ球団のある選手がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

もっと見る