山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

鳥谷敬の連続試合を「不自然」と報じないマスコミの忖度

公開日: 更新日:

 去る18日の中日戦で阪神の鳥谷敬が通算2011試合出場を果たし、球団生え抜きでは藤田平を抜いて歴代最多出場となった。といっても、その試合での鳥谷はスタメンではなく代打出場。しかも、送りバントを決めたのみである。

 もちろん送りバントも重要かつ難しい仕事であるため、それを涼しい顔で成功させた鳥谷は称賛されるべきだろう。しかし、翌日の在阪スポーツ新聞のほとんどが冒頭の通算試合出場記録を金字塔などの美称で報じ、現在の鳥谷については「チームの浮上には欠かせぬベテラン」「常に進化を求める虎の鉄人」などのテンプレート的な表現でお茶を濁していたことには違和感を覚えた。

■事実の表層だけを報じて終わり

 ご存じのこととは思うが、今季、ここまでの鳥谷はいびつな状況に置かれている。打率1割台と深刻な不振によってスタメン落ちが目立つ中、それでも故・衣笠祥雄に次ぐ歴代2位の連続試合出場記録を止めないために、代打や守備固めなどでの途中出場は続いている。これが勝利のための戦術的な途中出場なら問題ないのだが、中には明らかに記録継続のためだけの作為的かつ不自然な出場も少なくない。このままでは現阪神監督の金本知憲以来となる、史上2人目の全試合出場&規定打席未到達という不名誉な珍記録が生まれてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る